今月の江戸レシピ 〜スローフードの原点

薩摩名物ころ煮鯛(さつまめいぶつころいりたい)

薩摩名物ころ煮鯛(さつまめいぶつころいりたい)

材料

・鯛
200g
・豆腐
1丁(300g)
・サラダ油
大1
・醤油
大2
・酒+水
1カップ(200cc)
 
 
・大根
60g
・唐辛子
1本

作り方

  • 鯛は皮つきで3センチ角に切る。
  • 豆腐は一丁を8つに切る。
  • 紅おろしを作る
    唐辛子は種を取り、ぬるま湯に10分位つけ、柔らかくする。大根は皮をむきさい箸で穴をあけ、先の唐辛子をつめて、おろす。
  • 厚手の鍋に油を入れ、鯛の皮目を下にして、強火で30秒位焼き、ほんのりと焦げ目がついたら返し、同じように焼き、酒を入れ、醤油を入れる。一煮えしたらとうふを入れ、中火で4〜5分煮る。
    器に盛り、紅おろしを添える。

余話

紅おろし大根とは紅葉おろしのことでしょうか
最近、春でも夏の料理にでも紅葉おろしと献立に書いてある事があります。
紅葉おろしは、やはり秋の料理に使われるべきではないでしょうか。 
手軽に紅おろしを作るには、大根おろしに一味唐辛子を混ぜれば良い。

参考文献 江戸料理百選

参考文献 江戸料理百選 現代によみがえった江戸料理を一堂に!

現代によみがえった江戸料理を一堂に!
福田浩・島崎とみ子/著

 

バックナンバー